レッドコードとは?

天井から吊るされた2本の赤いロープ。先端の輪っかを握ったり、足に引っ掛けて行うトレーニング、それがレッドコードです。一方向にのみ動かすマシントレーニングとは違い、全方向へ自由に動かせるロープの特性を活かし、全身のトレーニングが可能となっています。

 

日本ではその高い安全性と科学的に立証済みの効果から、病院のリハビリや治療院の施術の一部として活用されています。一方、欧米諸国では、トレーニング器具としても普及しており、オリンピック選手やモデルなどの愛用者もたくさんいらっしゃいます。

 

流行りもののトレーニングではなく、医療器具としても認められているレッドコードを、一般の方にも体感していただきたく、リハビリや治療とは違う独自のトレーニングメニューをご提供しております。